ガラクタ世界
頭に浮かぶことを吐き出す場所

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インスピレーション


インターネットが一般家庭に根付いたのがボクが小学校に入学した頃だったであろうか?

中学生になったときにうちにも念願のパソコンが来た。

DELL製のデスクトップPCでCPUはシングルコア、メモリーは512MBにグラフィックボードなんて当然入ってる訳がない。

今じゃ信じられないスペックだがこれで10万以上の値段だったのだから技術の進歩とは凄まじいと感じる。

当時ネットの上では巨大掲示板【2ちゃんねる】が盛り上がっており、それにあやかりFlash(当時はAdobeではなくMacromedia社のソフトだった)というソフトを使い【2ちゃんねる】内で作られたキャラクターのアニメーションが毎日のようにUPされていた。

いわゆるフラッシュ全盛期というやつである。

当時のフラッシュ作品の中には今見てもクオリティの高い作品が多数存在している。

2006年公開 み~や作 ガラクタノカミサマ



フラッシュはニコニコ動画が2006年にでき、2007年の終わりのころには全盛期は終焉を迎えた。

ニコニコ動画ができ、AfterEffectsなどのプロしか使用しなかったようなソフトはPCの高性能化に伴い一般に普及し始め、初音ミクなどの音声合成ソフトの流れに乗りPVなどとして世に広まり始めた。

たしかにAfterEffectsの方がFlashより遙かに映像は美しくカッコイイ動画が作れる。
動画:Sui 編曲・ギター・ミックスマスタリング:ピノキオP 作詞・作曲:おにゅう  作 【神曲】



しかし、ネット上の一時代を支えたFlashにはAfterEffectsにはない良さがある。

古くなった作品に見向きもしないのではなく、古き良き作品を見てそこから新たなヒントを得て自分の作る物へ還元するのが重要なのかもしれない。


EYO*

夢語り

アニメーション、映画、などの映像。

小説、漫画、イラストレーションなどの紙媒体。

ボクの居る世界には妄想を他人に見せる無数の表現方法がある。

ボクは今パンが食べたい。

なのでパンに例えてみようと思う。

人間の頭蓋骨の中に詰まってるアレは10%程しか使用していないと言われている。

その10%程しか使えないアレの余ってる部分をこねくり回して自分でも理解できない"何か"を創り上げていく。

そうして出来た"何か"を無数の一つ一つ特別な特徴を持ったオーブンで焼き上げてゆく。

焼きあげる職人は一つのオーブンの特徴、扱い方を死に物狂いで勉強する。

狂ったように勉強を続けることでとても美味しいそれは出来上がる。

出来上がりはふんわり。部屋中に漂ういい匂い。熱々のそれを客は頬張るが。

口に合えば美味しく感じる。合わねば、鳩の餌だろう。

それを焼き上げた職人は美味しく感じるのだろう。

焼き立てのそれは美味しく感じるのが普通だ。

重要なのは冷えてから。

極稀に冷えてから食しても美味しく感じるそれが焼き上がることがある。

時代を超えても人々の目を引きつけ、愛され、語り継がれるエンターテイメント作品。

ボクはそんなモノを焼きあげていきたい。



EYO*



再始動



ブログ再始動します。

再始動に加えてプロフィールの変更。リンクの削除。テンプレートの変更など多数の変更をしました。

過去記事はすべて消去しました。

これからこのブログに書かれていく事はEYO*の戯言、日常風景の写真、作品のUPなどがメインになります。

拙い文章ですがぜひお時間があるのであればご覧になってください。


EYO*
カテゴリ
プロフィール

EYO*

Author:EYO*
name.EYO*
Age.19
job.学生
hobby.読書 散歩 映像制作
Self introduction.
関東在住の見習いクリエイター。
人を引きつける作品を作ることをモットーに日々精進中。
主にAfterEffectsをメインで使った作品を作る。
他にも映像撮影.3DCG.写真撮影なども行っている。
60年代から80年代にかけての洋楽やジャズなどが好み。
酒はバーボンが好みと思考がオヤジ。
好みの銘柄はWILD TURKEY。
上記意外にもRADWIMPSなどの最近のアーティストの曲や
VOCALOIDなどの若干のオタク趣味の曲までいろいろと聞く。
日々頭の中に想い浮かんだ事や日常生活の風景などを掲載していくので、まだ19年というちっぽけな子供の拙い文章ですがお暇な時間にぜひどうぞ御覧ください。


客人


苔生えてる沼
最近の記事
最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。